せきが出ている女性
  • ホーム
  • 花粉症は日本のみの症状?世界の花粉症事情

花粉症は日本のみの症状?世界の花粉症事情

春になるにつれて花粉症に悩まされる方は多いです。
今回はそんな花粉症についていくつか説明していきたいと思います。
まず花粉症の症状について説明していきましょう。

花粉症の症状は、鼻水・くしゃみ・鼻詰まり・目のかゆみ・皮膚のかゆみ・頭痛・だるさ・不眠などがあり、中でも鼻水やくしゃみ、鼻詰まりは三大症状と言われています。
鼻水は、鼻の粘膜に付着した花粉や埃などのを取り除こうとして起こる作用です。
風邪の鼻水と違って無色でさらりとしているのが特徴です。
くしゃみも鼻水同様の作用ですが、鼻詰まりは鼻水やくしゃみなどの症状が出た後に起こる症状で鼻の粘膜が腫れて鼻腔が狭くなります。

さらに鼻詰まりが悪化すると、鼻腔が狭くなってしまったために鼻呼吸が出来ず口呼吸になるため喉や口が乾燥します。
他にも鼻詰まりが原因で呼吸がしづらくよく眠れなかったり、嗅覚が効かず食べ物の匂いが分からなくなったり、口呼吸になり花粉や埃がダイレクトに喉に入って咳が出たりしてしまうのです。

次に花粉症の原因について説明していきましょう。
花粉症は、埃や花粉など素因物質が外部から侵入した時、体の中で素因物質に対抗しようと免疫反応を起こす抗体(タンパク質)と抗体を生みだす素因物質(抗原)が組み合わさる反応(抗原抗体反応)によって起こります。
さらに花粉症を引き起こす花粉は、スギ・ヒノキ・ブタクサ・シラカンバ・イネ・ヨモギなど様々です。

それぞれの花粉の飛散の時期は、スギは2月から4月、ヒノキは3月から5月、シラカンバは4月から6月、イネは4月から8月、ブタクサとヨモギは8月から10月にあり、つまりほぼ一年中花粉が飛んでいることになります。
したがって花粉症対策をすることが肝要になるのです。
花粉症の主な対策としては、1つ目に偏った食事を摂らず栄養バランスの良い食事を摂ること、2つ目に外出先から帰ってきたら手洗い・うがいを徹底すること、3つ目に規則正しい生活を送ることです。

海外で行われている花粉症対策について

ここまで国内の花粉症について説明してきましたが、花粉症は日本人だけが抱える症状ではなく、花粉症は海外でも見られます。
ここでは外国と日本の花粉症の違いや対策など世界の花粉症事情について説明していきましょう。
まず外国の花粉症ですが、海外ではスギ花粉は日本ほど飛散していません。
というのも、日本で一番多い花粉症はスギ花粉が原因だからです。

なぜ日本ではスギ花粉が飛散しているのかというと、スギは日本古来の草木でさらには日本の樹林のほとんどをスギが占めているからです。
しかもスギは樹齢30年から50年まで花粉を飛散するためしばらくこの状況が続くことになるでしょう。
日本の自治体も花粉の飛散しない種類のスギやヒノキの植林政策を実施していますが難航しています。

一方、世界の主な花粉事情を見てみると、ヨーロッパはシラカンバやイネ科のカモガヤそしてヒノキ、北米ではブタクサが花粉症の原因として挙げられているようです。
それでは、海外では花粉症をどのように対策しているのか説明していきましょう。
まず、日本では花粉症の時期になるとよくマスクをしている人を見かけますが、海外ではそういった対策としてマスクをすることはありません。

ではどのような対策が取られているのか、例えばヨーロッパ圏、特にイギリスで人気のある花粉症対策にホメオパシー療法があります。
他に対策としてワインやビールなどお酒を控えたり、症状を和らげる効果が期待されているカテキンを含む緑茶を飲むのも効果的です。
鮭・いわし・くるみなどに含まれているオメガ三脂肪酸を摂取したり、目のかゆみや鼻詰まりを抑制する効果のあるはちみつを積極的に取り入れたり様々な対策をしているようです。