せきが出ている女性
  • ホーム
  • 蕁麻疹の原因とかゆみを抑える方法

蕁麻疹の原因とかゆみを抑える方法

蕁麻疹とは皮膚に紅斑と発疹が出て強いかゆみを伴う症状のことです。
このような症状が出てしまうと気になってしまうかもしれません。
かゆみを抑えたいと考えているなら蕁麻疹が発生する原因について知っておくことが大切です。

人間の皮膚には蕁麻疹の原因となるヒスタミンの含まれた細胞が存在しています。
この細胞が外部からの刺激を受けることにより、ヒスタミンが放出されるということです。
それによって赤みや腫れなどといった症状が皮膚の表面に出てくるという仕組みです。
また、皮膚表面に症状が出てくるだけでなく、強いかゆみを伴うことも特徴です。
これはヒスタミンがかゆみの神経も刺激しているためです。

蕁麻疹の原因は大きく分けてアレルギー性と非アレルギー性があります。
アレルギー性のものは食べ物が原因となっていることが多く、小麦や卵、蕎麦、乳製品、エビ、カニなどによって発生してしまうことが多いです。
また、動植物や昆虫、薬剤によって引き起こされることもあります。
物理的な刺激がアレルギーを引き起こすこともありますし、原因となる物質が体内に入り込むことで異物と認識されてヒスタミンが放出されるということです。

皮膚の赤みや腫れ、強いかゆみの症状が出る場合、アレルギー性のことが多いでしょう。
非アレルギー性としては、下着などの摩擦や圧迫、寒暖、日光などの原因が挙げられます。
ストレスが原因で蕁麻疹が起こることもありますが、ストレスが直接的な原因になっているわけではありません。
ストレスはあくまで体を蕁麻疹が起こりやすい状態に変えてしまうものだと考えられています。
そこで健康な状態を取り戻したいなら上手くストレスを発散する方法を見つけておくことが大切です。

一度蕁麻疹が発生した場合、しばらくはかゆみの発生しやすい状態が続きます。
なかなか症状がよくならない場合、病院を受診してみると良いでしょう。
特発性の蕁麻疹は全体の大半を占めており、毎日のように症状が出てしまうことが特徴です。
なぜ起こるのかは分かっていませんが、疲労やストレスによって悪化してしまうこともあるので注意しましょう。

かゆみを抑える方法を紹介

病院で蕁麻疹の検査を受けたら症状に合わせた薬が処方されます。
蕁麻疹の治療で使われることの多い薬は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などとなっています。
抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬はかゆみの原因となるヒスタミンの働きを抑制することができます。
効果の出方には個人差もありますし、人によって薬の種類や服用方法などは変わってくるということです。
間違った方法で服用すると副作用のリスクが高まってしまうので注意しましょう。

症状に合わせて量を調整しながら治療を進めることになりますが、慢性蕁麻疹の中には薬の効果が出にくい場合もあります。
腫れやかゆみが強い場合、ステロイド外用剤を使用することもあります。
ステロイド外用薬を使えば心理的なストレスを軽減することができますし、かき壊すのを防ぐことにも繋がります。
かき壊してしまった場合は抗生物質が配合されたステロイド外用剤が処方されるため、炎症や細菌の増殖を抑えることができるでしょう。

蕁麻疹のかゆみが辛い場合や病院に行くまでかゆみを抑えたいという場合、おすすめの対処法について知っておくことがポイントです。
かゆみが酷くてもかいてしまうのは逆効果ですし、かゆみを抑えたい時は患部を冷やすという対処法があります。
氷を入れたビニール袋などを当てて患部を冷やすことにより、かゆみを軽減することができます。

ちなみに、血行が良くなるとかゆみが悪化しやすくなるため、血行を促進するような刺激は与えないようにしましょう。
アルコールや香辛料には血行を促進する効果がありますし、入浴も避けた方が無難です。
入浴すると蕁麻疹が出やすくなりますし、特に疲労が溜まっている時は入浴を避けた方が無難です。